駆け付け警備にはシステムと警備員への安心が必要!

機械警備の性質上、警備員が駆け付けるのは、会社や家に誰もいないケースがほとんどです。

トラブル時に早く駆け付けるシステムがあっても、駆け付けた警備員を信頼することができなければ、安心して警備を任せることはできません。

あらゆる状況の初期対応を行う警備員の質

機械警備の性質上、警備員が駆け付けるのは、会社や家に誰もいないケースがほとんどです。

駆け付けた警備員は、現場で様々な状況の初期対応をすることになります。

弊社の警備員の8割が、元自衛官として国を守っていました。

これは我々SATが広島県呉市という場所にある事も関係しています。

自衛官といえば、一般人では経験することがない緊急性・重要性の高いケースを想定した訓練を積んできており、安心して対応を任せることができます。

また、警備会社では法律で教育が義務図けられており、さらに公安委員会の認定業者として認定を受けなければ業務を営むことができません。

SAT独自の教育と元自衛官の組み合わせで最強組織を作り上げています。

防衛大臣から感謝状を授与

警備に重要な協力と連携のプロフェッショナル

お客様と実際にお話しするのは、駆け付ける警備員ではなく、当社のカスタマーサービス部署や営業担当になることがほとんどです。

特に、サービスの提案は基本的に営業マンが行うことになりますが、実際にどのようなトラブルがあったのかを知らなければ、最適なサービスの提案をすることができません。

自衛隊といえば、協力と連携により統率の取れた集団であり、弊社では、厳選された元自衛官の警備員を中心に管制室や営業マンともしっかりと協力・連携して、営業から駆け付け、アフターフォローまで最適なサービスを提供しています。