不審者の3つの特徴

1.行動パターン

不審者はしばしば目的のない行動や周囲を警戒するような行動を取ります。

以下のような行動が見られる場合、不審者の可能性があります。

  • 同じ場所を何度も往復する:不自然な動きを繰り返す。
  • 周囲をキョロキョロと見回す:常に警戒し、人の目を気にしている。
  • 人目を避けるように隠れる場所に立ち止まる:物陰や死角に留まる。

2.身なり

不審者は目立たないようにするため、顔を隠すことがあります。また、季節に不適切な服装をしている場合も注意が必要です。

  • フードや帽子、サングラスなどで顔を隠す:防犯カメラに顔を映さないようにする。
  • 季節に合わない服装:暑い日にコートを着ているなど。

3.手荷物

大きなバッグや不自然な形の荷物を持っている場合、それは盗品や危険物を隠している可能性があります。

  • 大きなバッグや不自然な形の荷物:持ち物に不自然な点がある。

不審者を見分ける防犯カメラの設置方法

適切な設置位置と角度

不審者を効果的に見分けるためには、防犯カメラの設置位置と角度が重要です。

人の出入りが多いエントランスや、隠れやすい死角となるエリアにカメラを設置し、顔や手荷物がはっきりと映るように角度を調整します。

  • エントランスや死角エリアに設置:主要な出入り口や死角になる場所をカバー。
  • 顔や手荷物がはっきり映るように角度を調整:重要な部分を見逃さない。

解像度とフレームレート

高解像度のカメラを使用することで、より鮮明な映像を得ることができ、不審者の特徴を捉えやすくなります。

また、フレームレートが高いほど滑らかな映像が得られ、不審な動きを見逃しにくくなります。

  • 高解像度カメラの使用:細部まで鮮明に記録。
  • 高フレームレート:滑らかな映像で動きを把握。

監視体制の整備

防犯カメラの映像を常時監視する体制を整えることが重要です。

リアルタイムでの監視に加え、映像の録画と保存も行い、事後的な分析や証拠としての活用が可能です。

  • 常時監視:リアルタイムで異常を発見。
  • 録画と保存:後から分析や証拠として利用。

事前に行うべき3つの不審者対策

1.事前の社員教育を行う!

職員に対して不審者の見分け方や対応方法を教育することで、早期発見と適切な対応が可能になります。

定期的な研修や訓練を行いましょう。

  • 不審者の見分け方と対応方法の教育:従業員全員が基本的な知識を持つ。
  • 定期的な研修や訓練:実践的なスキルを磨く。

2.通報体制を確立する!

不審者を発見した際の通報体制を確立し、職員が迅速に対応できるようにします。

警察や警備会社との連携も強化しておきましょう。

  • 迅速な通報体制の構築:不審者を発見次第、即時に対応。
  • 警察や警備会社との連携強化:プロフェッショナルな対応を確保。

3.緊急時の対応計画を策定する!

不審者による事件や事故が発生した際の対応計画を事前に策定しておくことが重要です。

避難経路や避難場所の確認、緊急連絡網の整備などを行いましょう。

  • 対応計画の策定:緊急時に混乱しないよう事前に計画。
  • 避難経路と避難場所の確認:安全な避難を確保。
  • 緊急連絡網の整備:迅速な情報共有を実現。

まとめ

防犯カメラを活用して不審者を見分けるためには、カメラの適切な設置と監視体制の整備が重要です。

不審者の特徴を理解し、職員の教育と通報体制の確立を行うことで、企業の安全性を高めることができます。

企業は自社のニーズに合わせて適切な防犯対策を講じ、安全な業務環境を維持しましょう。

関連記事

【企業向け】ライト付き防犯センサーを検討する際に知っておきたい3つのポイント
【企業向け】防犯カメラ vs 防犯センサー:使い分けと効果的なセキュリティ対策を解説!
農作物の監視における防犯カメラの活用方法
防犯カメラの確認作業中
【企業向け】防犯カメラの耐用年数と長持ちさせる秘訣:設置場所・使用方法・メンテナンスのポイントを解説!
家電量販店で買い物中の夫婦
【企業向け】家電量販店で防犯カメラを買う人が知っておきたい6つのポイント
天井に設置された防犯カメラ
【企業向け】ダミー(偽物)の防犯カメラの選び方と設置方法分かりやすく解説!

この記事の制作者

粂井 友和

システム警備を提供して20年以上、お悩みを解決したお客様5,000件以上のSATで責任者を務めています。

防犯カメラや防犯センサーなどを活用した防犯システムを、様々な状況に適した形でご提案します。

お悩みがある方は、お気軽にお問い合わせください。