海外製防犯カメラのメリット・デメリット

海外製防犯カメラ3つのメリット

AIカメラによる顔認識

メリット1:コスト

海外製防犯カメラの最大の魅力は、低コストで導入することができる商品が多いことです。

技術の進歩と大量生産により、低価格でありながら高機能の製品が多く提供されています。

メリット2:技術の先進性

防犯カメラは日本よりも欧米の方が普及が早く、その為最新の機能は日本国外で発信されることがほとんどです。

その為、AI技術や顔認識などの先進的な機能をいち早く製品に取り入れています。

これにより、高度な監視ニーズに応える製品が多く市場に出ています。

メリット3:.製品の多様性

海外製の防犯カメラは、AI技術、顔認証、屋内、屋外用、IPカメラなど様々で最先端の技術が導入されています。

これにより、様々な場面や用途に適した防犯カメラが多くあります。

海外製防犯カメラ3つデメリット

天井に設置された防犯カメラ

デメリット1:整っていないサポート体制

海外製品は、日本国内でのサポート体制が整っていない場合があります。

カメラの故障時の修理や技術的な問い合わせに対する対応が遅れることが懸念されます。

デメリット2:言語の壁

製品の取扱説明書が英語や中国語など、日本語でない場合が多く、防犯カメラの設置や設定で不便と感じることがあります。

デメリット3:品質のばらつき

海外の優れたメーカーの防犯カメラは日本国内でも十分に満足のいく物もありますが、一部の商品には日本の基準に満たないカメラも多く存在しています。

日本製防犯カメラのメリット・デメリット

日本製防犯カメラ3つのメリット

専門家による防犯カメラの確認中

メリット1:高い品質と信頼性

日本製防犯カメラは、厳格な品質管理のもと製造されており、不良品が少なく高い信頼性と耐久性が期待できます。

長期間にわたって安定した性能を維持する製品が多いです。

メリット2:充実したアフターサービス

国内メーカーの製品は、日本国内での充実したアフターサービスが魅力です。

防犯カメラが故障した際の修理など、技術的な問い合わせや故障時の迅速な対応が期待できます。

メリット3:日本語によるサポート

取扱説明書なども日本語なのでわかりやすく、 利用者は防犯カメラの機能を最大限に活用しやすくなります。

日本製防犯カメラ2つのデメリット

壁に設置された防犯カメラ

デメリット1:価格が高め

高品質な製品を提供する一方で、日本製防犯カメラは海外製に比べて価格が高めに設定されていることが多いです。

デメリット2:技術の導入速度

先進技術の導入において欧米の方が普及が早く、最新の機能は日本国外で発信されることが多い為、海外メーカーに比べると最新技術の導入が遅れる傾向にある場合があります。

最新技術を求めるユーザーにとっては、選択肢が限られることがあります。

補足

デメリットになるかどうかは分かりませんが、国産商品=部品も含むすべての商品が国内で製作されているという事は少ないと思われます。

まとめ

色々な内容を記入してきましたが、防犯カメラにおいては海外製品と日本製品の優劣は、製品自体には無いように感じています。

私自身、アメリカや中国へ直接商品を見に行ったこともありますが、この業界ではどちらかといえば海外の方が進んでいるという印象は拭えません。

そもそも海外と日本を比べた場合に法律も違うし、市場規模や気象、環境なども違います。比較するのは難しいと思われます。

日本製品の多くは中のパーツを細かく細分化してみると海外から部品調達している商品も多く、OEMなどで海外商品を日本仕様に使いやすく改良していると思われるような商品も多く見かけます。

一昔前までであればコストパフォーマンスと先進技術を重視するなら海外製品、品質と信頼性、充実したアフターサポートを求めるなら日本製品が適していると、言いたいところではありますが、家電製品やスマートフォンなどと同様で世界中で普及している商品となっている現代では必ずしも国産品が優れているという時代では無くなってきています。

今回の結論としては、海外製防犯カメラと日本製防犯カメラどちらもセキュリティニーズを満たし、安心できる環境を提供するための有効な選択肢になります。

皆様が良い商品に出会えることを願っています。

関連記事

天井に設置された防犯カメラ
【企業向け】コスト削減のために海外製防犯カメラでもいい?防犯カメラを日本製 vs 海外製で徹底比較
防犯カメラの映像の個人データ
【企業向け】防犯カメラの設置は嫌われる?適切に運用するために知っておきたい4つのポイント
【企業向け】6種類の防犯センサーの機能と選び方を分かりやすく解説!
電車内の防犯カメラ設置状況とその効果 - 安全対策の最前線
【企業向け】防犯カメラ映像から不審者を見分けるポイントを分かりやすく解説!
SATのステッカー
【企業向け】防犯カメラのステッカーの効果的な活用方法を解説:2つの効果と3つの注意点

この記事の制作者

粂井 友和

システム警備を提供して20年以上、お悩みを解決したお客様5,000件以上のSATで責任者を務めています。

防犯カメラや防犯センサーなどを活用した防犯システムを、様々な状況に適した形でご提案します。

お悩みがある方は、お気軽にお問い合わせください。