人感センサー付き防犯カメラの3つのメリット

1.効率的な監視

人感センサー付き防犯カメラは、人の動きを検知して録画を開始します。これにより、無駄な録画を防ぎ、必要なシーンだけを記録できます。

特に夜間や人通りが少ない場所での監視に最適です。

2.コスト削減

常時録画する従来の防犯カメラと比較して、必要なときだけ録画する人感センサー付きカメラはストレージの節約につながります。

また、監視エリアを絞ることで、カメラの設置台数も減らせます。

3.誤作動の少ない高感度センサー

動物や風などに反応しないよう、高感度の人感センサーを選ぶことで誤作動を減らし、効率的な監視が可能です。

導入時の4つのポイント

1.最適なカメラの設置場所を見つける!

人感センサー付き防犯カメラを効果的に使用するためには、設置場所が重要です。

直射日光や反射光が当たる場所では、誤作動の原因となるため避けるべきです。

また、温度変化が少ない場所や、動物が多く通る場所も設置に適していません。

2.夜間撮影能力を確認する!

夜間の防犯対策には、赤外線LEDを搭載したナイトビジョン対応カメラがおすすめです。

暗闇でも鮮明な映像を記録でき、侵入者を捉えることができます。

3.ネットワーク機能を確認する!

ネットワーク対応の防犯カメラを選ぶことで、遠隔地からの監視が可能になります。

スマートフォンやタブレットでリアルタイム映像を確認できるため、迅速な対応が可能です。

4.コストとパフォーマンスのバランスを確認する!

防犯カメラの選定にはコストとパフォーマンスのバランスが重要です。

4Kの高画質モデルは高価ですが、広範囲の監視が必要な場合には適しています。

逆に、特定のエリアだけを監視する場合は、フルHDのカメラでも十分です。

具体的な導入例

事務所や倉庫の監視

事務所や倉庫のように人の出入りが少ない場所では、人感センサー付き防犯カメラが非常に効果的です。

特に、無人の時間帯に不審者が侵入した場合、即座に通知が届き、迅速な対応が可能となります。

駐車場や出入口の監視

駐車場や出入口は、夜間でも人の出入りがあるため、ナイトビジョン対応カメラが役立ちます。

また、警告音やライトを組み合わせることで、侵入者を威嚇することができます。

まとめ

人感センサー付き防犯カメラは、効率的な監視とコスト削減を両立するための優れた選択肢です。

設置場所や機能を慎重に選び、企業の防犯対策を強化しましょう。

関連記事

【企業向け】大切な社員と会社を守るために!防犯の訓練の3つのポイント!
置き型の防犯カメラ
【企業向け】家庭用防犯カメラと業務用防犯カメラの4つの違い
【企業向け】防犯カメラの最適な設置場所を分かりやすく解説!
法人の防犯対策
【企業向け】防犯対策は大丈夫?狙われやすい企業の5つの要因!
ノートパソコンで防犯カメラの映像を確認中
【企業向け】費用をかけずにキレイな映像が見れる!?防犯カメラの録画映像の画質について!
【企業向け】防犯センサーの平均耐用年数を延ばす4つのポイントとは?最適な製品選びとメンテナンス方法を解説!

この記事の制作者

粂井 友和

システム警備を提供して20年以上、お悩みを解決したお客様5,000件以上のSATで責任者を務めています。

防犯カメラや防犯センサーなどを活用した防犯システムを、様々な状況に適した形でご提案します。

お悩みがある方は、お気軽にお問い合わせください。