1. 保守・点検費用は必ず必要!

防犯カメラの確認作業中

定期的な保守・点検は、システムの長期的な稼働と性能維持に不可欠です。

この費用には、機器のチェック、故障部品の交換、ファームウェアのアップデートなどが含まれます。

  • 目安: 年間数千円から数万円(システムの規模や契約内容により異なる)

2. 電力費は必ず必要!

費用算出資料

防犯カメラと関連機器の稼働には電力が必要です。カメラの数や種類、稼働時間によって消費電力が異なります。

  • 目安: 月数百円から数千円(カメラの種類や数量により異なる)

3. 導入するカメラシステムによって必要な通信費!

防犯カメラ

IPカメラやワイヤレスカメラなど、インターネット経由で映像を送信するシステムでは、通信費が発生します。

データ使用量に基づいたプランを契約する必要があります。

  • 目安: 月数百円から数千円(使用するデータ量により異なる)

4. 保存する環境によって必要な映像記録・保存費用!

映像データの記録・保存には、NVR(ネットワークビデオレコーダー)、DVR(デジタルビデオレコーダー)、クラウドサービスなどが利用されます。クラウドサービスの場合、定額料金がかかります。

  • 目安: クラウドサービスの場合、月額数百円から数千円(サービスプロバイダと契約プランにより異なる)

5. リスク管理として検討する必要があるセキュリティ対策費用!

ネットワーク経由での不正アクセスを防ぐために、ファイアウォールやセキュリティソフトウェアの導入が必要です。

これらの更新や管理にも費用がかかります。

  • 目安: 年間数千円から数万円(使用するソフトウェアやサービスにより異なる)

6. どのくらい保存するかで変わってくる映像データの管理費!

防犯カメラの録画映像モニター

映像データの長期保存やアクセス管理には、適切なデータベースシステムやアクセス管理システムが必要です。

大規模なシステムでは、これらの管理に専門のスタッフやソフトウェアが必要になることがあります。

  • 目安: システムの規模や管理の複雑さにより大きく異なる

7. 長期間使用したら必ず必要になる交換・アップグレード費用

種類が異なる複数台の防犯カメラ

技術の進歩に伴い、カメラや関連機器の性能が旧式化することがあります。

最新の機能を利用するためには、定期的な交換やアップグレードが必要になります。

  • 目安: 数年に一度、数万円から数十万円(交換する機器の種類や数量により異なる)

まとめ

防犯カメラシステムの維持費用は、多岐にわたる要素に影響されます。

システムの設計段階でこれらの費用を正確に見積もり、長期的な運用計画を立てることが重要です。

また、コスト削減とシステムの効果的な運用を両立させるためには、適切な保守・管理体制の構築が不可欠です。

予算内で最大のセキュリティ効果を得るために、維持費用を含めたトータルコストを考慮してシステムを選択しましょう。

セキュリティは重要な投資であり、適切な計画と実行により、企業の財産と安全を守ることができます。

関連記事

法人の防犯対策
【企業向け】防犯対策は大丈夫?狙われやすい企業の5つの要因!
小型のソーラーパネル
【企業向け】SDGsにも貢献!?ソーラータイプの防犯カメラの4つのメリットと5つの注意点を解説!
防犯カメラの設置作業
【企業向け】賃貸でも大丈夫?防犯カメラの設置工事はどんな感じ?
【企業向け】ライト付き防犯センサーを検討する際に知っておきたい3つのポイント
【企業向け】防犯カメラ vs 防犯センサー:使い分けと効果的なセキュリティ対策を解説!
人の顔を認識したAIカメラの映像
【企業向け】AI防犯カメラの4つのメリットとデメリットを徹底解説!

この記事の制作者

粂井 友和

システム警備を提供して20年以上、お悩みを解決したお客様5,000件以上のSATで責任者を務めています。

防犯カメラや防犯センサーなどを活用した防犯システムを、様々な状況に適した形でご提案します。

お悩みがある方は、お気軽にお問い合わせください。