防犯カメラ設置の重要性

犯罪抑止効果

防犯カメラの存在をアピールすることで、犯罪の抑止効果を期待できます。

防犯カメラが設置されていることを示すステッカーや看板を設置することも有効です​。

記録・証拠収集

万一犯罪が発生した場合、防犯カメラの映像が証拠として役立ちます。

これにより、犯人の特定や早期解決が可能となります。

防犯カメラの設置場所

入口と出口

主要な入口と出口にカメラを設置することで、不審者の出入りを監視できます。

特に、玄関や非常口、従業員用入口など、建物内外のすべての出入口をカバーすることが重要です​ ​。

窓周辺

窓からの侵入を防ぐために、窓付近にも防犯カメラを設置しましょう。

特に、人通りの少ない窓や裏口の窓は、侵入者にとって狙いやすいポイントです​ 。

駐車場・ガレージ

駐車場やガレージに防犯カメラを設置することで、車上荒らしや盗難を防止できます。

カメラは広範囲をカバーできる位置に設置し、全ての車両が映るように配置するのが理想的です​。

共用エリア

エレベーター、ロビー、廊下などの共用エリアにカメラを設置することで、従業員や来訪者の動きを監視できます。

これにより、内部犯行や不正行為の抑止にもつながります​​。

防犯カメラ設置の注意点

プライバシーへの配慮

防犯カメラの設置にあたっては、従業員や隣人のプライバシーに配慮することが重要です。

カメラの向きや設置場所を調整し、不必要に個人のプライバシーを侵害しないように注意しましょう。

光の影響

屋外にカメラを設置する際は、光の影響を考慮することが必要です。

例えば、朝日や夕日が直接カメラに入る位置に設置すると、映像が見えにくくなることがあります。

カメラの設置角度や方角を調整して、最適な映像を確保しましょう。

メンテナンスのしやすさ

防犯カメラは定期的なメンテナンスが必要です。

清掃や故障時の修理がしやすい位置に設置することで、長期的な運用がスムーズになります。

また、屋外に設置する場合は、防水・防塵機能があるカメラを選ぶことも重要です​。

まとめ

企業の安全を守るためには、適切な場所に防犯カメラを設置し、定期的なメンテナンスを行うことが不可欠です。

本ガイドを参考に、防犯カメラの設置場所と注意点を確認し、効果的な防犯対策を実施しましょう。

関連記事

防犯カメラの確認作業中
【企業向け】防犯カメラの耐用年数と長持ちさせる秘訣:設置場所・使用方法・メンテナンスのポイントを解説!
SATのステッカー
【企業向け】防犯カメラのステッカーの効果的な活用方法を解説:2つの効果と3つの注意点
【企業向け】音が鳴る防犯センサー導入の3つのポイント
【企業向け】オフィスの安全を守る!防犯カメラを屋内に設置する際の6つのチェック事項を徹底解説!
【企業向け】倉庫の防犯対策完全ガイド:効果的なセキュリティ機器と導入のポイント
【企業向け】「防犯カメラ」?「監視カメラ」?何が違って、どちらを設置したらいいのかを分かりやすく解説!

この記事の制作者

粂井 友和

システム警備を提供して20年以上、お悩みを解決したお客様5,000件以上のSATで責任者を務めています。

防犯カメラや防犯センサーなどを活用した防犯システムを、様々な状況に適した形でご提案します。

お悩みがある方は、お気軽にお問い合わせください。