近年、電池式の防犯カメラが企業のセキュリティ対策として注目を集めています。

この記事では、法人向けに電池式防犯カメラのメリットや活用法、注意点について解説します。

電池式防犯カメラの3つのメリット

防犯カメラと電池

簡単な設置

電池で動く防犯カメラはのメリットは、配線が不要なため工事が必要ない点です。設置するだけなので、導入難易度が低く個人利用にもおすすめです

柔軟な設置場所

電源が不要なため、電源の確保が難しい屋外や、一時的な監視が必要な場所にも柔軟に設置することができます。

移動が容易

電池式のカメラは移動が容易であるため、必要な時間帯のみなどに設置場所を変更することができます。

電池式防犯カメラの3つの活用方法

防犯カメラを設置中

一時的な監視

工事現場やイベント会場など、一時的に監視が必要な場所に電池式の防犯カメラを設置することができます。

屋外の監視

電源の確保が難しい屋外のエリアや、広範囲の敷地を効率的に監視することができます。

移動式の監視

セキュリティニーズが変動する場所において、カメラを移動させながら柔軟に監視を行うことができます。

電池式防犯カメラの3つの注意点

防犯カメラと電池

電池の寿命

電源不要の防犯カメラを設置するデメリットとして、電力に限りがある点が挙げられます。

乾電池式の防犯カメラの場合、定期的な電池交換が必要となります。

映像品質

電池式の防犯カメラは、省電力設計のために映像品質が低下する場合があります。

映像品質と稼働時間のバランスを考慮することが重要になってきます。

通信環境

電池式の防犯カメラは、無線通信を利用する場合が多いため、通信環境によっては映像の遅延や途切れが発生する可能性があります。

まとめ

電池式の防犯カメラは、設置の柔軟性や移動の容易さから、企業のセキュリティ対策において有効なツールとなります。

一方で、電池の寿命や映像品質、通信環境などの注意点を考慮しながら適切に運用することが重要です。

①電池式防犯カメラのメリットは、とにかく設置が簡単なこと

②活用方法としては、一時的な監視をしたいとき、配線が困難な場合、移動をさせながら使いたいとき

③注意点は、電池の寿命、映像の品質、通信環境

その問題が解決すれば後は問題ないという時などは電池式の防犯カメラが有効だと考えます。

様々な種類の電池式防犯カメラが手に入りやすくなっていますので、お試しに利用するのは良いかもしれません。

移動がしやすいという事は、逆に盗難にも合いやすいので気を付けながら利用をしてください。

企業で利用の場合には、セキュリティニーズにがマッチした場合であれば電池式の防犯カメラを活用もありなのでは?