防犯センサーの平均的な耐用年数を知ろう!

扉の防犯センサー

防犯センサーの種類(動き検知センサー、窓・ドアセンサー、ガラス破壊センサーなど)によって耐用年数は異なりますが、一般的には5年から10年が平均的な耐用年数とされています。

ただし、製品の品質、使用環境、メンテナンスの頻度によって大きく変動する可能性があります。

耐用年数に影響を与える4つの主な要因

1.使用環境

防犯カメラと屋外映像

屋外で使用されるセンサーは、気候の変化や厳しい天候条件に晒されるため、屋内で使用されるセンサーよりも耐用年数が短くなりがちです。

湿度や温度の極端な変化も、センサーの性能に影響を与えることがあります。

2.製品の品質

高品質なセンサーは、安価なものに比べて長持ちする傾向があります。

初期投資は高くなりますが、長期的なコスト効率を考慮すると、品質の高いセンサーを購入することも選択肢に入れて、信頼できるブランドやメーカーの製品を知ることが重要です。

3.使用頻度

頻繁にアクティベートされるセンサーは、稀にしか作動しないセンサーよりも早く劣化する可能性があります。

特に高トラフィックエリアに設置されたセンサーは、頻繁な動作によって耐用年数が短くなることがあります。

4.メンテナンス

定期的なメンテナンスを行うことで、センサーの劣化を防ぎ、耐用年数を延ばすことができます。

センサーの清掃や動作確認、電池交換などを定期的に行うことで、性能を維持できます。

耐用年数を最大限に延ばすために重要な4つの使用方法

1.定期的な点検とメンテナンス

センサーの性能を維持し、早期に問題を発見するために、定期的な点検とメンテナンスを行うことが重要です。

定期的なチェックリストを作成し、計画的にメンテナンスを実施しましょう。

2.適切な設置

センサーを適切な場所に設置し、直射日光や雨水が直接当たらないようにすることで、環境による劣化を最小限に抑えることができます。

屋外に設置する場合は、防水機能のあるケースやカバーを使用することが推奨されます。

3.高品質な製品の選択

初期投資は高くなりますが、長期的な視点で見ると、耐久性の高い品質の良いセンサーを選択することがコスト効率が良い選択となります。

口コミやレビューを参考にして、信頼性の高い製品を選びましょう。

4.適切な使用

センサーを設計された目的に沿って使用し、不必要な負荷をかけないようにします。

例えば、動き検知センサーは設定範囲内で使用し、過度な感度設定を避けることで、誤作動を減らし、寿命を延ばすことができます。

まとめ

防犯センサーの効果的な運用は、企業や団体のセキュリティ体制を支える上で極めて重要です。

センサーの耐用年数を理解し、影響を与える要因を考慮した上で、適切なメンテナンス計画と品質の高い製品選択を行うことが、セキュリティシステムの信頼性と持続性を保証する鍵となります。

組織の責任者やセキュリティ担当者は、これらのベストプラクティスを実施することで、長期的な安全とセキュリティを確保することができるでしょう。

関連記事

大雨による水害シーン
【企業向け】川沿いや山のふもとに事務所がある企業必見!防災対策における防犯カメラの活用法について分かりやすく解説!
ノートパソコンで防犯カメラの映像を確認中
【企業向け】費用をかけずにキレイな映像が見れる!?防犯カメラの録画映像の画質について!
【企業向け】画像解析アプリで犯人捜しの時間を効率化!
【企業向け】防犯カメラ映像から不審者を見分けるポイントを分かりやすく解説!
【企業向け】「防犯カメラ」?「監視カメラ」?何が違って、どちらを設置したらいいのかを分かりやすく解説!
【企業向け】防犯カメラに関係する法律は知らなかったでは済まない!信頼こそ重要な企業が知っておきたいこと!

この記事の制作者

粂井 友和

システム警備を提供して20年以上、お悩みを解決したお客様5,000件以上のSATで責任者を務めています。

防犯カメラや防犯センサーなどを活用した防犯システムを、様々な状況に適した形でご提案します。

お悩みがある方は、お気軽にお問い合わせください。