ポイント1. 防犯カメラの基本機能!

防犯カメラは、特定のエリアの映像をリアルタイムで記録し監視するために使用され、映像記録により事後の事件や事故の分析が可能となり、場合によっては犯罪の抑止効果も期待できます。

以下に、防犯カメラの基本機能を紹介します。

  • 高解像度録画:高精細な映像を記録し、細部まで確認できます。
  • 夜間撮影:赤外線機能を搭載しており、暗闇でも鮮明な映像を記録可能です。
  • 顔認識技術:特定の人物を識別し、入退室管理などに利用できます。

ポイント2. 防犯センサーの基本機能!

防犯センサーは、動き、音、熱、開閉動作など、特定の物理的変化を検知するデバイスです。異常を検知すると、アラームを鳴らす、ライトを点灯する、セキュリティシステムが通知を送るなどの反応を引き起こします。

以下に、防犯センサーの基本機能を紹介します。

  • モーションセンサー:動きを検知し、異常時にアラームを作動させます。
  • 窓・ドアセンサー:開閉を検知し、不正侵入を即座に通知します。
  • ガラス破壊センサー:ガラスの破損音を検知し、警報を発します。

ポイント3. 防犯カメラと防犯センサーを使い分ける3つのポイント!

1. エリアの広さと特性に応じた使い分け

屋外に設置された防犯カメラ2台

防犯カメラは広範囲を視覚的に監視するために最適ですが、大規模なエリアでは監視の死角が生じやすいです。

一方、防犯センサーは特定のポイントや狭いエリアの監視に適しており、ドアや窓、通路などの特定の場所に設置することで効率的なセキュリティを提供します。

2. 状況に応じたリアルタイム対応

緊急時には防犯センサーからの即時の警告が非常に重要です。

侵入者の検知や火災の発生など、即座に対応が必要な場合にはセンサーが活躍します。

一方、防犯カメラは事件や事故が発生した際の詳細な記録や状況の確認に役立ちます。

3. コストと設置の手間の考慮

マグネットセンサーのコスト計算中

防犯カメラは設置やメンテナンスに比較的高いコストがかかる場合がありますが、広範囲の監視と詳細な記録が可能です。

一方、防犯センサーはコストが低く設置も簡単ですが、単独で使用した場合は映像記録が得られないため、監視範囲や目的に応じた選択が必要です。

ポイント4. 防犯カメラと防犯センサーの組み合わせパターンを知っておこう!

防犯カメラと防犯センサーを組み合わせることで、互いの長所を活かした包括的なセキュリティシステムを構築できます。

例えば、センサーが異常を検知した際に自動的にカメラがそのエリアを録画するように設定することで、効率的な監視と迅速な対応を実現できます。

まとめ

防犯カメラと防犯センサーは、それぞれが異なる役割を持ちながらも、セキュリティシステムの中で互いに補完し合うことができます。

適切なデバイスの選択と配置、そして両者の効果的な組み合わせにより、企業の安全を守るための強固な防御網を構築することが可能です。

セキュリティニーズと予算を考慮し、最適なセキュリティソリューションを選択することが重要です。

関連記事

気象観測における防犯カメラの活用方法
天井に設置された防犯カメラ
【企業向け】コスト削減のために海外製防犯カメラでもいい?防犯カメラを日本製 vs 海外製で徹底比較
【企業向け】防犯センサーの平均耐用年数を延ばす4つのポイントとは?最適な製品選びとメンテナンス方法を解説!
万引き対策のトップ画像
【企業向け】万引き対策で防犯カメラが必須の小売店用防犯カメラガイド!
【企業向け】画像解析アプリで犯人捜しの時間を効率化!
【企業向け】防犯カメラ設置会社が渡してくれた図面と記号の見方と活用方法を分かりやすく解説!

この記事の制作者

粂井 友和

システム警備を提供して20年以上、お悩みを解決したお客様5,000件以上のSATで責任者を務めています。

防犯カメラや防犯センサーなどを活用した防犯システムを、様々な状況に適した形でご提案します。

お悩みがある方は、お気軽にお問い合わせください。