ポイント1.暗闇は犯罪が発生しやすい!?

夜道

夜間や暗い場所では、犯罪が発生しやすくなる傾向にあるのはご存じですか?

これは、犯罪者が暗闇を利用して人目を気にせず、目立たずに行動できるためです。警備システムを提供する我々としても夜間の犯罪は数多く目にしてきました。

したがって、このような暗闇環境で効果的に監視を行うことは、財産と人々の安全を守る上で必要となってきます。

しかし、暗闇での監視は、カメラの性能に依存するため、適切な防犯カメラの選択が不可欠です。

ポイント2.暗闇での撮影には主に2つの種類がある!

天井から吊るされた防犯カメラ

暗闇での監視には主に二つの技術が用いられます。

一つ目は赤外線技術で、カメラは赤外線照明を使用して、人間の目には見えない光を照射し、その反射を捉えて映像を生成します。(赤外線カメラ)

二つ目は暗視カメラで、これは光源が少ない薄暗い場所でも自動で感度を増幅してくれる暗視補正機能が備わっています。(暗視カメラ)

これらの技術はどちらも暗闇での監視に非常に効果的ですが、それぞれの特徴があるため、使用環境や目的によって選択する必要があります。

ポイント3.赤外線カメラの利点と制約を知ろう!

屋外の壁に設置された防犯カメラ

赤外線カメラは、比較的低コストで広範囲の用途に適しており、人物や物体の詳細を比較的鮮明に捉えることができます。

明かりのある日中は、人の視界に似たカラー撮影をするために近赤外線をカットしますが、夜間は自動的に近赤外線を利用して撮影します。

しかし、赤外線照明の範囲は限られており、カメラから離れたり、障害物がある場合には、映像の品質が低下する可能性があります。

また、赤外線照射された映像は基本的には白黒で撮影され、さらに赤外線照射がLEDライトを使用されたものが多くありますが、寿命と照射距離の限界があります。最近ではカラーで撮影できるタイプも発売されています。

ポイント4.暗視カメラの利点と制約を知ろう!

不法侵入のシーン

暗視カメラは、暗視補正により、豆電球程度の薄明かりしかない場所でも明るい映像を撮影できる仕組みになっています。

見え方が、薄暗い場所での撮影でありながらも、鮮明なカラーの映像となり、暗闇でも服の色や車の色などが選別可能となります。

注意点としては外灯などの無い完全な暗闇状態では、防犯カメラとしての機能を果たすことができないというデメリットがあります。

全く光のない場所ではうまく撮影できませんので注意が必要です。

ポイント5.映像の最適化環境を考慮しよう!

2種類の防犯カメラ

暗闇での防犯カメラを使用する際は、映像品質を最適化するためにいくつかの要素を考慮する必要があります。

これには、適切な赤外線照明の強さや範囲カメラの設置場所や角度、さらにはセンサーライトや街灯、常夜灯などの併用など、最適な映像が撮影できるための条件などを考慮に入れなければなりません。

また、カメラの設定を調整して、特定の環境条件下で最高のパフォーマンスを発揮できるようにすることが重要です。

まとめ

暗闇での防犯カメラは、夜間や光の少ない環境下での安全とセキュリティを守るために不可欠です。

赤外線技術や暗視技術を含む最先端の技術を活用することで、これらの状況でも効果的な監視システムを構築することが可能です。

①暗闇を撮影するには主に2種類の赤外線方式と暗視方式がある

②赤外線は真っ暗闇に適し、暗視カメラは少し光がある場所に適する

私個人の見解としては、いずれのカメラにせよ、少しでも明かりがある方がよく映る事には変わりないので、防犯目的での撮影であれば明かりを同時に準備するのも良いと思います。防犯効果にも繋がります。

どうしても明かりを付けれないなどの条件があるなら別ですが、このあたりも考慮するとより効果的でしょう。

また、最先端の夜間撮影ができるカメラはかなり機能が充実しています。年々、暗闇撮影技術が進化しています。最新モデルでのお試し撮影やデモ画像などができればミスマッチも防げると思います。

最適なカメラの選択と配置、適切な技術の組み合わせを通じて、夜間でも皆様の安全な環境を確保していきましょう!

関連記事

【企業向け】大切な社員と会社を守るために!防犯の訓練の3つのポイント!
【企業向け】防犯センサーの誤作動が発生したらどう対応すればいい?
【企業向け】防犯センサーの平均耐用年数を延ばす4つのポイントとは?最適な製品選びとメンテナンス方法を解説!
【企業向け】防犯カメラ映像から不審者を見分けるポイントを分かりやすく解説!
防犯カメラの映像の個人データ
【企業向け】防犯カメラの設置は嫌われる?適切に運用するために知っておきたい4つのポイント
【企業向け】防犯カメラに関係する法律は知らなかったでは済まない!信頼こそ重要な企業が知っておきたいこと!

この記事の制作者

粂井 友和

システム警備を提供して20年以上、お悩みを解決したお客様5,000件以上のSATで責任者を務めています。

防犯カメラや防犯センサーなどを活用した防犯システムを、様々な状況に適した形でご提案します。

お悩みがある方は、お気軽にお問い合わせください。