ポイント1.音が鳴る防犯センサーの4種類を知っておこう!

1.動き検知センサー(モーションセンサー)

光電センサー

人間や動物の動きを検知し、アラームを鳴らします。

特に夜間や留守中の侵入を検知するのに適しています。

2.窓・ドアセンサー

マグネットセンサー

窓やドアの開閉を検知し、警告音を発することで、不正な侵入の試みを早期に察知するために役立ちます。

3.ガラス破壊センサー

ガラスが割れる音を検知し、アラームを鳴らします。

窓ガラスを通じた侵入を防ぐのに有効です。

4.振動センサー

物体が振動することによって発生する動きを感知し、警告音を発します。

壁やフェンスなど、物理的な衝撃を受ける場所に設置するのに適しています。

ポイント2. 音が出る防犯センサーの4つのメリットを把握する!

1.抑止効果

アラームの音は侵入者を威嚇し、犯罪の意図を断念させる可能性があります。大きな音で周囲に異常を知らせることで、犯行を未然に防ぐ効果があります。

2.早期警告

異常を早期に検知し、迅速な対応を可能にします。アラームが鳴ることで、すぐに現場に駆けつけることができ、被害を最小限に抑えることができます。

3.ユーザーフレンドリー

多くの音が出るセンサーは簡単に設置・操作が可能で、特別な技術を要しません。マニュアルに従って簡単に設定できるため、すぐに利用を開始できます。

4.コスト効率

物理的なセキュリティ対策と比較して、初期投資および維持費用が低く抑えられます。手軽に導入できるため、中小企業や個人事業主にも適しています。

ポイント3. 導入前に検討する4つのことを知っておこう!

1.適切なセンサーの選択

物件の大きさや構造、セキュリティ上のニーズに合わせて、最適なセンサーを選択します。

例えば、大規模なオフィスビルには複数のセンサーを組み合わせることで効果的に監視を行います。

2.適切な配置

センサーの効果を最大限に引き出すために、戦略的に配置することが重要です。

侵入者が入りやすいポイントや重要なエリアをカバーするように設置しましょう。

3.法的要件の確認

音が出るセンサーの使用に関して、地域の法律や条例に違反していないかを確認します。

特に、大音量のアラームを使用する場合、近隣住民への配慮が必要です。

4.維持管理

定期的なテストとメンテナンスを行い、センサーが常に適切に機能していることを確認します。

バッテリーの交換や、センサーの清掃など、定期的なチェックが重要です。

まとめ

音が出る防犯センサーは、現代のセキュリティシステムにおける不可欠なコンポーネントです。

その抑止効果、早期警告能力、およびコスト効率の良さは、住宅やビジネス施設を守る上で大きな利点をもたらします。

適切なセンサーの選択と配置、法的要件への遵守、そして定期的なメンテナンスにより、安全で安心な環境を実現することができます。

音が出る防犯センサーを導入することで、企業のセキュリティを強化し、日々の安全を確保することが可能になります。

関連記事

法人の防犯対策
【企業向け】防犯対策は大丈夫?狙われやすい企業の5つの要因!
【企業向け】建設現場の進捗管理における防犯カメラの活用方法
【企業向け】防犯カメラ映像から不審者を見分けるポイントを分かりやすく解説!
種類が異なる複数台の防犯カメラ
【企業向け】防犯カメラ選びのポイント!設置前に知っておくべき3つの考慮事項
置き型の防犯カメラ
【企業向け】家庭用防犯カメラと業務用防犯カメラの4つの違い
【企業向け】ネット環境不要!3つのおすすめ防犯カメラシステムと設置のポイントを解説!

この記事の制作者

粂井 友和

システム警備を提供して20年以上、お悩みを解決したお客様5,000件以上のSATで責任者を務めています。

防犯カメラや防犯センサーなどを活用した防犯システムを、様々な状況に適した形でご提案します。

お悩みがある方は、お気軽にお問い合わせください。