ポイント1. ライト付き防犯センサーの仕組み

ライト付き防犯センサーは、主に赤外線センサーやモーションセンサーを使用しており、周囲の動きや温度変化を検知することができます。

  • 動きや温度変化の検知: 特定の動きや温度変化がセンサーによって検知されると、信号が防犯ライトに送信されます。
  • 自動点灯: センサーが反応すると、ライトが自動的に点灯します。この即時の照明は、不審者を驚かせ、その場から離れさせる効果があり、同時に周囲に警告を発する役割も果たします。

ポイント2. ライト付き防犯センサーを導入する3つのメリット

1. 犯罪の抑止

光電センサー

不審者は、自身の活動が発見されるリスクを避ける傾向にあります。

センサーによる自動点灯は、不審者に「発見された」という印象を与え、犯罪の抑止に非常に効果的です。

2. 即時の対応

防犯カメラ

センサーとライトの組み合わせは、人の介入なしに即座に反応するため、犯罪の機会を最小限に抑えることができます。

例えば、センサーが侵入者を検知するとライトが瞬時に点灯し、周囲に異常を知らせます。

3. 省エネルギー

屋外に設置された防犯カメラ

ライトは必要な時にのみ点灯するため、不必要な電力消費を抑えることができます。

特に、LEDライトを使用することで、さらなるエネルギー効率の向上が期待できます。LEDライトは長寿命であり、交換頻度も低く抑えられます。

ポイント3. 導入する前に検討すべきこと

1. センサーの種類と感度

赤外線センサーやモーションセンサーなど、状況に応じて最適なセンサーを選択することが重要です。

また、誤作動を避けるため、感度の調整が可能なモデルを選ぶことをお勧めします。

例えば、風で揺れる木の葉や小動物の動きに反応しないように設定を調整することができます。

2. ライトの種類と明るさ

防犯目的で使用するライトは、十分な明るさが求められます。

LEDライトは長寿命と省エネルギー性に優れており、適しています。

また、明るさが足りない場合、暗い部分ができてしまうため、照明のカバー範囲を考慮し必要に応じて複数のライトを設置することが重要です。

3. 設置場所

センサーとライトは、不審者が侵入しやすいポイントや暗い通路、裏口などに設置することが効果的です。

また、ライトが近隣住民の迷惑にならないように配慮することも重要です。

例えば、ライトの向きや角度を調整し、必要な場所だけを照らすようにします。

4. 保守とメンテナンス

定期的な点検とメンテナンスを行うことで、センサーとライトのシステムを最適な状態に保つことができます。

特に、センサーの感度やライトの電球の寿命は定期的にチェックし、必要に応じて交換や調整を行いましょう。

まとめ

ライト付き防犯センサーは、犯罪抑止、即時の対応、省エネルギーの観点から、非常に効果的なセキュリティ対策となります。

適切なセンサーとライトの選択、戦略的な設置、そして定期的なメンテナンスにより、企業の安全を守ることができます。

セキュリティは日々の安心に直結するため、これらの要素を慎重に検討し、最適なセキュリティシステムを構築することが重要です。

関連記事

【企業向け】観光地での犯罪抑止に!防犯カメラの設置効果と選び方ガイド
WiFiロゴ
【企業向け】防犯カメラにはWi-Fiが必須?Wi-Fiが必要な場合と不要な場合を解説!
万引き対策のトップ画像
【企業向け】万引き対策で防犯カメラが必須の小売店用防犯カメラガイド!
【企業向け】ライト付き防犯センサーを検討する際に知っておきたい3つのポイント
【企業向け】USBメモリーで簡単バックアップ!防犯カメラの録画データ保存方法完全ガイド
防犯カメラのイメージ
【企業向け】防犯カメラの選び方と設置方法:距離と画質を最適化するためのポイントを分かりやすく解説!

この記事の制作者

粂井 友和

システム警備を提供して20年以上、お悩みを解決したお客様5,000件以上のSATで責任者を務めています。

防犯カメラや防犯センサーなどを活用した防犯システムを、様々な状況に適した形でご提案します。

お悩みがある方は、お気軽にお問い合わせください。