駐車場でできる5つの防犯対策!

1.防犯カメラの設置

防犯カメラは、犯罪の抑止力となるだけでなく、万が一の事態が発生した際に重要な証拠を提供します。以下のポイントに防犯カメラを設置することが効果的です。

  • エレベーター周辺:人の出入りが多い場所での監視が重要です。
  • 階段:見通しの悪い場所にカメラを設置することで、不審な動きを検知しやすくなります。
  • 車両が停車するエリア:駐車している車両へのいたずらや盗難を防ぎます。
  • 入出口:不審者の出入りを監視しやすくなります。

高解像度で夜間撮影が可能なカメラを選び、定期的にメンテナンスを行うことで、常にクリアな映像を確保しましょう。

2.照明の改善

十分な照明は、犯罪者にとって大きな抑止力となります。特に夜間は、駐車場全体が明るく照らされていることが重要です。

  • LED照明の使用:コストを抑えつつ、長時間使用が可能です。
  • 均等な照明配置:影になる場所を減らし、死角を無くします。

3.入出口の管理

駐車場の入出口を適切に管理することで、不審者の侵入を防ぎます。

  • ゲートやバリケードの設置:物理的に侵入を防ぐ手段です。
  • チェックシステムの導入:カードリーダーやナンバープレート認識システムを活用することで、許可された車両のみの入出場が可能になります。

4.巡回パトロール

セキュリティスタッフによる定期的な巡回は、不審者を威嚇し、利用者に安心感を提供します。また、緊急時の対応速度を向上させることもできます。

5.利用者への防犯意識の啓発

スマホを確認中

駐車場を利用する人々に対して、以下のような防犯意識を高める啓発活動が重要です。

  • 車内に貴重品を放置しない
  • 施錠を確認する

ポスターやチラシ、SNSなどを活用して周知徹底を図りましょう。

駐車場で活躍する2種類の防犯センサー!

防犯カメラ

1.動き検知センサー

不審な動きを検知し、自動的に照明を点灯させたり、警報を発したりするシステムを導入することで、犯罪者を威嚇し、セキュリティスタッフへの即時通報が可能になります。

2.車両検知センサー

車両が入出場する際に検知し、自動でゲートを開閉するシステムは、不正な侵入を防ぐだけでなく、利便性の向上にもつながります。

駐車場で活躍する2種類のカメラシステム!

1.リアルタイム監視システム

防犯カメラやセンサーの映像・データをリアルタイムで監視するためのセキュリティ管理システムの導入は、駐車場のセキュリティレベルを大幅に向上させます。

2.AIカメラシステム

AI技術を活用した異常検知システムは、人手による監視では見逃されがちな異常を即座に検知し、迅速な対応を可能にします。

これにより、従業員の負担を減らしながら高いセキュリティを維持することができます。

まとめ

駐車場の防犯対策は、防犯カメラの設置、照明の改善、入出口の管理、巡回パトロール、利用者への啓発活動など、複数の要素を組み合わせることで、その効果を最大限に発揮します。

最新の技術を活用し、定期的な点検とアップデートを行うことで、駐車場を安全な空間に保つことができます。

セキュリティシステムの導入や改善を検討する際には、専門のセキュリティ会社との協力を検討し、最適なプランを策定してください。

関連記事

天井に設置された防犯カメラ
【企業向け】コスト削減のために海外製防犯カメラでもいい?防犯カメラを日本製 vs 海外製で徹底比較
【企業向け】オフィスの安全を守る!防犯カメラを屋内に設置する際の6つのチェック事項を徹底解説!
ノートパソコンで防犯カメラの映像を確認中
【企業向け】費用をかけずにキレイな映像が見れる!?防犯カメラの録画映像の画質について!
【企業向け】防犯カメラ設置会社が渡してくれた図面と記号の見方と活用方法を分かりやすく解説!
設置された防犯カメラの調整中
【企業向け】防犯カメラを自分で設置するなら気にしないといけないことが多い!
防犯カメラで学校の安全を守る:設置のポイントと注意点

この記事の制作者

粂井 友和

システム警備を提供して20年以上、お悩みを解決したお客様5,000件以上のSATで責任者を務めています。

防犯カメラや防犯センサーなどを活用した防犯システムを、様々な状況に適した形でご提案します。

お悩みがある方は、お気軽にお問い合わせください。