防犯カメラ

対処法1: NTPサーバーを使用する

NTP(ネットワーク・タイム・プロトコル)サーバーを使用して時刻を補正する方法です。

インターネットに接続している環境であれば、公共のNTPサーバーを利用して自動的に時刻を同期させることができます。

  • 代表的なNTPサーバーのアドレス:
    • ntp.nict.jp(独立行政法人情報通信研究機構)
    • time.windows.com(WindowsのデフォルトNTPサーバー)

設定方法は、防犯カメラやレコーダーの設定メニューからNTPサーバーのアドレスを入力し、自動同期を有効にするだけです​。

対処法2: GPSユニットを使用する

インターネット接続がない場所でも時刻を正確に保つために、GPSユニットを使用する方法があります。

GPS信号を受信して時刻を定期的に補正することで、高精度な時刻同期が可能です。

  • 屋外での使用が推奨されます。
  • GPSユニットをカメラやレコーダーに接続し、設定メニューからGPS時刻補正を有効にします​​。

対処法3: 高精度タイムサーバーを使用する

より高い精度が求められる場合は、専用の高精度タイムサーバーを導入する方法もあります。

オシレーターやGPSを搭載したタイムサーバーを利用することで、ネットワーク全体のデバイスと正確に時刻を同期できます。

  • 例として、カシオやセイコーなどが提供する高精度タイムサーバーがあります。
  • 導入後は、防犯カメラやレコーダーの設定メニューからタイムサーバーのアドレスを入力して同期します​ ​。

実際の設定例

  1. NTPサーバーの設定
    • 防犯カメラの設定メニューにアクセス。
    • 「時刻設定」または「NTP設定」オプションを選択。
    • NTPサーバーのアドレス(例:ntp.nict.jp)を入力。
    • 自動同期を有効にして保存。
  2. GPSユニットの設定
    • GPSユニットをレコーダーに接続。
    • 設定メニューから「GPS時刻補正」オプションを選択。
    • 自動同期を有効にして保存。
  3. 高精度タイムサーバーの設定
    • タイムサーバーを導入し、ネットワークに接続。
    • 防犯カメラやレコーダーの設定メニューにアクセス。
    • タイムサーバーのアドレスを入力。
    • 自動同期を有効にして保存。

まとめ

防犯カメラレコーダーの時刻ずれを防止するためには、NTPサーバー、GPSユニット、高精度タイムサーバーの活用が有効です。

これらの方法を適切に設定することで、正確な時間情報を保ち、信頼性の高い防犯システムを構築することができます。

関連記事

【企業向け】防犯カメラのピントが合わない原因と解決方法
【企業向け】防犯カメラに関係する法律は知らなかったでは済まない!信頼こそ重要な企業が知っておきたいこと!
クラウドのイメージ
【企業向け】初めてでも安心!クラウド型防犯カメラの導入ガイドとおすすめ製品
配線中
【企業向け】防犯カメラ配線でカメラの性能を最大限に引き出す!配線の基礎知識を分かりやすく解説!
【企業向け】防犯センサーの平均耐用年数を延ばす4つのポイントとは?最適な製品選びとメンテナンス方法を解説!
電車内の防犯カメラ設置状況とその効果 - 安全対策の最前線

この記事の制作者

粂井 友和

システム警備を提供して20年以上、お悩みを解決したお客様5,000件以上のSATで責任者を務めています。

防犯カメラや防犯センサーなどを活用した防犯システムを、様々な状況に適した形でご提案します。

お悩みがある方は、お気軽にお問い合わせください。