防犯カメラの映像保存期間は、スーパーをはじめとする小売業界において重要な問題です。

適切な保存期間を設定することで、万が一の犯罪やトラブルに対処しやすくなります。

本記事では、小売店における防犯カメラ映像の保存期間に関するポイントを解説します。

防犯カメラ映像の重要性

犯罪抑止効果

防犯カメラと犯罪者

防犯カメラは、犯罪を抑止する効果があります。一番良いのは犯罪が発生しない事です。

防犯カメラの設置が明らかであれば、犯罪者は行動をためらう可能性が高くなります。

また、防犯カメラのみならず「監視カメラ作動中」などといったステッカーを貼ることで抑止力が向上します。

事故やトラブルの解決

お釣りの受け渡し

万が一、盗難やトラブルが発生した場合、防犯カメラの映像は重要な証拠となります。

犯行現場が撮影されていれば警察に映像を見せることで、速い解決をすることが期待できます。

店舗側とすれば正確な事実確認に役立ちます。

安心感の提供

屋外に設置された防犯カメラ

顧客や従業員にとって、防犯カメラは安心感を提供します。

安全な環境での買い物や仕事が可能になります。商品を守るのと同時に職場の環境を高める事にも貢献してくれます。

スーパーにおける保存期間の設定

法的要件の確認

万引きシーン

世の中で発生する万引きは、現行犯で逮捕されるケースが多いようですが、後日逮捕されるケースもありえます。

最近では堂々とした強盗のようなケースも度々ニュースで目にします。

万引きは刑事罰の対象になり得る犯罪です。

録画映像は警察に提出する証拠として重要になり、録画映像というものがあるかないかでは結果が変わってくる可能性も考えられます。

犯罪発生率の考慮

防犯カメラの映像を確認中

犯罪が多発する可能性がある店舗では、長めの保存期間を設けることが望ましいです。

月日が経ってから、警察の方から録画を見せてほしいと言われることもありますので注意しておきましょう。

下見に来ていた、又は何度も繰り返しているというようなケースもありますので保存期間は短いより長い方が望ましいです。

保存容量とコスト

複数の種類の防犯カメラ

映像の保存容量やカメラの台数、これらはコストに大きく関わっていきます。

高解像度の映像や長期間の保存は、より多くの容量とコストがかかります。

万引き対策に大きなお金がかかり過ぎたなんて事も考えられますので考慮した上での設置を行いましょう。

保存期間の一般的な目安

店舗における防犯カメラ映像の保存期間は、一般的には1週間から1ヶ月程度が目安とされています。

商品のラインナップによっても考えてもよいと思います。高額品で商品が少ない場合で、商品状況を常に把握できる場合には短めでも良いかもしれません。

多くの商品を扱う店舗などでは目が届かず、気づかない可能性がありますので、万引き発覚までに時間がかかる場合もあります。こういった場合には長めがよいと思います。

保存期間の延長が必要な場合

USBメモリ

防犯カメラの特性上、過去の映像が上書きされていくケースがほとんどだと思われます。

特定の事件やトラブルが発生した場合、関連する映像は通常の保存期間を超えて保存が求められる場合があります。

映像の抽出をてUSBなどの別の媒体で保存することも必要になる場合があります。

録画時間が短ければ上書きされて消えてしまったなんてケースも想定されます。

長く保存できる環境があればそれに越したことはありません。

まとめ

小売店における防犯カメラ映像の保存期間は、長めの保存を推奨します。とはいっても特別に長くするというのではなく、一般的な1ヶ月程度というので良いのではないでしょうか。

防犯カメラは小売店の万引き防止に大変効果的で重要なツールであると同時に、従業員の方に対しても安心感を与えることができるツールでもあります。

時代背景にセルフレジの導入店舗やマイバッグでのお買い物などによる万引き自体の見分けの困難さ、犯罪の凶悪化による白昼堂々の複数人による犯行なども目にします。

今回は保存期間に着目しましたが、想定外の事が起こりえると考え、長めの録画が良いと結論づけます。