防災対策は企業のリスク管理において非常に重要です。

最近では、防災対策としてカメラの活用が注目されています。

本記事では、法人向けに防災対策におけるカメラの活用法について解説します。

カメラによる防災対策のメリット

早期警戒システム

大雨による濁流

防犯カメラを活用することにより、防災対策面での活躍も期待できます。

例えば、河川の水位上昇や山岳地帯の地滑りなどの兆候を監視することができます。

防犯カメラで河川を撮影し、遠隔監視機能を利用して離れた場所から映像を確認することで防災対策となります。

災害発生の兆候をいち早く捉え、迅速な対応を可能にします。

災害発生時の状況把握

洪水

災害が発生した際には、カメラ映像を通じてリアルタイムで被災状況を把握することができます。

電気や通信などのインフラ環境にも左右されてしまいますが、状況把握をするには1番早い段階で現地の様子を確認する事が可能になります。

これにより、災害発生時の初動の動きを検討し適切な対策を講じることが可能になります。

復旧・復興活動のサポート

ドローン

災害後の復旧・復興活動においても、カメラ映像は貴重な情報源となります。

被災状況の記録や、復旧活動の進捗管理に活用することができます。

最近ではドローンカメラなども状況把握として利用されるようになっており、簡単に出入りできない場所の確認も可能になってきました。

カメラの活用法

水害監視カメラ

水害

台風や集中豪雨等の際に河川の水位や土砂の堆積状況をリアルタイムで把握することができます。

水位の分かる指標となるような目印や、ポールなどを設置することが出来れば一目で把握することが可能になります。

またAI機能を搭載したカメラであれば、水位計測も比較的容易にできてきます。

迅速な避難指示や警戒情報の発信が容易になります。

地滑り監視カメラ

地滑り

山岳地帯や崖崩れの危険がある地域に設置された地滑り監視カメラは、地面の変位や亀裂の発生を監視し、地滑りの兆候を早期に検知します。

危険度情報を関係機関に提供することで、現場への避難勧告や下流住民への避難準備情報発令に役立ちます。

火災監視カメラ

火災

工場や倉庫など火災リスクが高い施設に設置された火災監視カメラは、煙や火花の発生を検知し、初期消火や避難誘導のための迅速な対応を支援します。

温度検知機能や火災検知機能を備えた防犯カメラを使うことによって、対象物の火災の被害拡大を防ぐことが可能です。

防犯カメラの防災活用

災害と防犯カメラ

防塵・防水の屋外対応の防犯カメラを設置して遠隔監視できるようにしておくことで、防災対策を行う事が可能になります。

水害対策においては防犯カメラと水位センサーなどを連動することにより、自動的に画像を伝送することも可能となり、的確なタイミングでの状況把握が可能になります。

火災対策については防犯カメラを利用しながら、火災感知センサーや炎感知センサーなどと連動させる使い方も考えられます。

また、ライブ配信を行うことで、周辺に住まう近隣住民の安全確保も期待できます。

注意点

プライバシーの配慮

防犯カメラ

カメラによる監視は、プライバシーの侵害につながる可能性があるため、適切な配慮が必要です。

自分の敷地外では許可なく自身で防犯カメラを設置することはできません。

関連する法律や規制を遵守し、個人情報の保護に努めることが重要です。

システムの信頼性

防犯カメラ

カメラによる防災システムの信頼性を確保するためには、定期的なメンテナンスや、バックアップシステムの整備が必要です。

災害発生時にシステムが機能しないことがないように注意が必要です。

特に災害時にはインフラが利用できなくなる恐れがあります。電気や通信手段については大規模災害時には確保が困難になります。

SIMの活用やバックアップ用のバッテリーを搭載させるなど通常よりも堅牢なシステム構成を行う事が望ましいです。

まとめ

防災対策におけるカメラの活用は、突然発生してしまう災害には対処できないこともありますが、それでも事前の対策や避難訓練、備蓄品、情報を得ることなどで 被害が最小限で済むことも多くあります。

世界中でいつどこで災害は発生するか分かりません。自分は関係ないと思わず日頃から対策をしておくようにしましょう。

その防災対策の一つとして、防犯カメラの設置を検討してみましょう。

①警戒システムとしてのカメラの活用

②現地確認用としてのカメラの活用

③復旧、復興の確認用としてのカメラの活用

④水害、地滑り、火災などの防災対策としてのカメラの活用