防犯カメラ録画データの保存方法

1. 防犯カメラの録画機能について

防犯カメラの録画方法には、主に以下の3つがあります。

  • 内蔵HDD:長期間の録画が可能。
  • SDカード:簡単に取り外し可能で、移動に便利。
  • クラウドストレージ:遠隔地からアクセス可能で、データの損失リスクが低い。

それぞれの保存方法にはメリットとデメリットがありますが、ここではUSBメモリーを使用したバックアップ方法に焦点を当てます。

2. USBメモリーを使用したバックアップ手順

2-1. USBメモリーの準備

まず、USBメモリーを準備します。容量は録画データのサイズに応じて選びます。一般的には32GBから64GBのUSBメモリーが推奨されます​ 。

2-2. 防犯カメラのメニューからバックアップを選択

  1. USBメモリーを接続:防犯カメラまたは録画機(NVR/DVR)のUSBポートに接続します。
  2. メニューを開く:録画機のメニュー画面を開きます。
  3. バックアップオプションを選択:メニューから「エクスポート」や「バックアップ」を選択します​。

2-3. バックアップしたい映像の選択

  1. バックアップ範囲の指定:録画データの中からバックアップしたい範囲(日時やカメラの選択)を指定します。
  2. 保存形式の選択:AVIやMP4など、再生可能な形式を選択します。最初は複数形式で保存して、再生可能な形式を確認するのがおすすめです​。

2-4. データのバックアップと確認

  1. バックアップ開始:選択内容を確認し、「エクスポート」ボタンをクリックしてバックアップを開始します。
  2. バックアップ完了の確認:完了メッセージが表示されたら、USBメモリーを安全に取り外します。
  3. データの確認:USBメモリーをパソコンに接続し、バックアップしたファイルが正常に再生できるか確認します。

3. バックアップ時の注意点

  • フォーマットの確認:USBメモリーが正しくフォーマットされているか確認しましょう。
  • データ容量の確認:USBメモリーの容量が不足していないか確認することが重要です。大容量のデータをバックアップする場合、複数のUSBメモリーを用意するか、容量の大きいものを選ぶと良いでしょう。
  • 保存形式の選択:再生可能な形式を選ぶために、初めは複数形式でバックアップすることをおすすめします。

まとめ

防犯カメラの録画データをUSBメモリーにバックアップする方法を説明しました。

この方法は、手軽にデータを保存し、必要な時に素早くアクセスできる利点があります。

適切な手順でバックアップを行い、大切なデータを安全に保管しましょう。

関連記事

気象観測における防犯カメラの活用方法
【企業向け】防犯カメラの維持に必要な7つの費用!
【企業向け】防犯センサーの平均耐用年数を延ばす4つのポイントとは?最適な製品選びとメンテナンス方法を解説!
【企業向け】倉庫の防犯対策完全ガイド:効果的なセキュリティ機器と導入のポイント
【企業向け】クラウドとIoTを活用した情報漏洩対策:最新防犯システムの紹介
【企業向け】画像解析アプリで犯人捜しの時間を効率化!

この記事の制作者

粂井 友和

システム警備を提供して20年以上、お悩みを解決したお客様5,000件以上のSATで責任者を務めています。

防犯カメラや防犯センサーなどを活用した防犯システムを、様々な状況に適した形でご提案します。

お悩みがある方は、お気軽にお問い合わせください。