防犯カメラの設置は、家庭や事業所の安全を確保するための重要な手段ですが、そのプロセスにはいくつかの注意点があり、特定の課題に直面することがあります。

本記事では、防犯カメラを設置する際の注意点、難しいこと、およびそれらに対する解決策を詳しく解説します。

運用していくために気にすること3つ!

1. プライバシーの尊重

プライバシーのイメージ

防犯カメラを設置する際は、隣人のプライバシー権を侵害しないように注意する必要があります。氏名や住所、職業などの個人を識別できる情報が含まれている映像・音声を、マスキングなどの加工をせずに勝手に公開したり、データを流出させたりすることでプライバシー侵害となるケースがあるといえます。

撮影したい範囲がしっかり入っているか、また自分たちの敷地の外まで写り込んでいないか注意してください。

自宅・店舗などの敷地外に設置しないこと、防犯カメラを設置する際には隣人への配慮・声がけなどを行ったほうが良いでしょう。

2. 視野の確保

防犯カメラの映像を確認中

防犯カメラを設置する位置は、広範囲をカバーでき、かつ死角を最小限に抑えることが重要です。

また、カメラが直射日光や強い逆光を受けない位置や逆光時の補正機能を備えたタイプのカメラを選ぶ必要があります。

設置可能な場所の中で、どこに設置すると最適な視野が確保されるのかを調査し、できれば本設置する前に仮に映像を見てみることをお勧めします。

3. 防水・防塵性能の確認

防水の防犯カメラ

屋外に設置するカメラは、防水・防塵性能を備えている必要があります。

設置する場所が高温、低温になる場合は、動作温度範囲を確認する必要もあります。

屋外にカメラを設置する場合には、配線工事が必要で、雨や風による影響を受けないよう適切に配線する必要もあります。

屋外に設置する場合には、配線自体が屋外でも使えるものか、配線を伝って雨水が入ってこないような処置ができると尚良しです。

設置するときに気にすることと対応方法3つ!

1. カメラの設置について

天井に設置された防犯カメラ

課題

屋外にカメラを設置する際、電源やインターネット接続の確保が難しい場合があります。

また、ネットワークに防犯カメラを接続する場合は通信が不安定・通信妨害を受ける可能性・不正アクセスの可能性などもあります。

無線タイプなど、室内に置いて電波の悪くなる部屋なども良くありますので注意が必要です。

解決策

Wi-FiやSIMカードが必要なカメラを設置する場合には、設置する前に電波状況をチェックしておきましょう。

有線のカメラタイプであれば、工事は伴いますが安定した映像を確保でき、通信の不安定などを解決することができます。

屋外でも利用できるカメラを必ず選択しておきましょう。

2. 正確なモーション検出の設定

AIカメラによる顔認識

課題

モーション検出とはカメラで撮影された映像の中の動きがあったことを検知する機能です

モーション検出機能が過敏で、風で揺れる木や通り過ぎる車など、不要な動きに反応してしまうことがあります。

解決策

モーション検出を利用する場合には、適切な設定が出来れば問題は有りませんが、あくまでも人や物が動いたときだけではなく、夜間の光が映り込んだり、木などの影が映り込んだり、虫が飛んだりしたときにも反応をしてしまう事が多いので、このあたりを理解して調整を行いましょう。

細心のAIを搭載したカメラを選ぶことで、人と物体の動きを区別し、誤警報を大幅に減らせる商品もあります。

3. 高品質な映像の確保

防犯カメラの映像をパソコンで確認中

課題

特に夜間や低照明条件下では、映像の質が低下しやすいです。

はたして自分で設置した場合に夜間の映像を鮮明に撮影できるか?

解決策

実際に夜間の状況を先に自分自身で確認しておきます。主に2つの種類がありますのでどちらかを選択しておくのをお勧めします。

真っ暗な場合には赤外線照射付の防犯カメラを選定しておきましょう。

ある程度明かりがある場所であれば。夜間も鮮明に映る高感度防犯カメラを利用することで、かなり綺麗に撮影できます。

結論

防犯カメラを自分で設置しようとするのであれば工事不要で設置しやすいものを選ぶ事をお勧めします

工事が必要なタイプのカメラを設置する場合、配線、工具、電源の配線などがあり、100Vの電気工事などが必要になってくると有資格者が行わなければならない事もあります。

しかしながら、自身で設置できるカメラも多くあるので、その場合には下記に注意をしておいてください。

①プライバシーの配慮を行う

②見たい映像を見る為の適切な設置場所の確保とカメラの機種選定

③屋外の場合には防水防塵性能の機種を選定する

④ネットワークや通信タイプの場合には電波状況の事前チェック

⑤モーション検知の仕組みを理解しておく

⑥夜間撮影が必要な場合には、事前にカメラのタイプを確認しておく

これらの注意点を理解し、解決策を適切に適用することで、効果的な監視システムを構築し、財産と安全を守ることができます。