防犯カメラの選び方

1. カメラの種類

工事現場に設置する防犯カメラには、固定カメラ、PTZ(パン・チルト・ズーム)カメラ、ウェアラブルカメラなどがあります。

固定カメラは特定のエリアを監視するのに適しており、PTZカメラは広範囲をカバーでき、遠隔操作が可能です。

また、ウェアラブルカメラは作業員の動きをリアルタイムで監視できるため、特定の作業を重点的に監視する際に有用です。

2. 画質と夜間撮影機能

防犯カメラの画質は非常に重要です。

高画質なカメラは、細部まで鮮明に記録でき、証拠映像としても有効です。

特に夜間の監視が必要な場合は、赤外線暗視機能やナイトビジョンモードを備えたカメラを選びましょう。

これにより、暗い場所でもクリアな映像が得られます。

3. 動体検知機能

工事現場では、動体検知機能を持つカメラが役立ちます。

動きがあった時だけ録画を開始するため、無駄な映像を記録せず、効率的に監視が可能です。

また、この機能を持つカメラは、異常を検知した際に通知を送ることもできます。

4. コストパフォーマンス

広範囲を監視する必要がある工事現場では、コストパフォーマンスも重要です。

すべての場所に高性能なカメラを設置することは費用がかかるため、設置場所に応じて適切なカメラを選びましょう。

例えば、主要なエリアには高画質カメラを設置し、その他のエリアにはコストを抑えたカメラを配置するなどの工夫が必要です​。

防犯カメラの設置ポイント

1. 侵入経路を抑える配置

防犯カメラは侵入者に対する抑止力となります。

侵入が予想される場所や重要なエリアに目立つように設置し、犯罪を未然に防ぐ効果を高めましょう。

エントランスや出入口、重要な機器の周りなどが適切な設置場所です。

2. 遠隔監視機能の活用

工事現場は本社から離れた場所にあることが多く、遠隔で監視できる機能は非常に便利です。

クラウド録画機能を備えたカメラを選ぶことで、スマホやパソコンからいつでも映像を確認でき、現場の管理が容易になります​。

3. 耐久性とメンテナンス

工事現場では防犯カメラが雨風にさらされるため、耐久性の高い防水型カメラを選びましょう。

また、定期的なメンテナンスを行うことで、長期間にわたって安定した監視を維持できます。

カメラの耐用年数やメンテナンスの手間も考慮して選定することが大切です​。

4. 専門業者による設置

防犯カメラの設置は専門業者に依頼することで、最適な配置や配線が可能になります。

業者の選定にあたっては、同じ業界に施工実績が多いか、アフターフォローが充実しているかなども確認するとよいでしょう。

また、施工方法によっては夜間工事や高所作業が必要な場合もあるため、業者との事前の打ち合わせが重要です。

まとめ

工事現場における防犯カメラの設置は、安全性の向上と効率的な現場管理に不可欠です。

カメラの種類や機能、設置場所を適切に選定し、コストパフォーマンスや耐久性も考慮することで、最適な監視体制を構築できます。

専門業者のサポートを受けながら、効果的な防犯カメラの導入を目指しましょう。

関連記事

天井に設置された防犯カメラ
【企業向け】ダミー(偽物)の防犯カメラの選び方と設置方法分かりやすく解説!
【企業向け】ライト付き防犯センサーを検討する際に知っておきたい3つのポイント
【企業向け】防犯カメラのリアルタイム監視のメリットと注意点を分かりやすく解説!
クラウドのイメージ
【企業向け】初めてでも安心!クラウド型防犯カメラの導入ガイドとおすすめ製品
【企業向け】防犯センサーの誤作動が発生したらどう対応すればいい?
【企業向け】スマホ連動の防犯センサーを導入を検討する際に知っておきたい3つのポイント

この記事の制作者

粂井 友和

システム警備を提供して20年以上、お悩みを解決したお客様5,000件以上のSATで責任者を務めています。

防犯カメラや防犯センサーなどを活用した防犯システムを、様々な状況に適した形でご提案します。

お悩みがある方は、お気軽にお問い合わせください。